春休み(3月)現地校体験コース 最終のご案内です

こんにちは。
シックエジュケーションのうじたかおりです

まだ2019年は始まったばかりと思っていましたが、各学校より、7月8月の夏休みプログラムの案内が続々と届いています。

そんな中、
パースの現地校体験プログラム(中学1年~高校2年)の3月(春休み)コースに、まだあと数名 受け入れ可能だそうです。

お子様と同じ学校に通学する子ども宅にホームステイをしなが
ら現地校の通常授業に体験出席頂けます。

放課後や週末も常にホストファミリーと一緒100% の英語環境です。
観光では味わえないオーストラリアの日常生活・学校生活を体験できます。
参加者対象の英語レッスン等はございません。

【スクールバディー制】
「バディー」とは、『仲間』や『友人』という意味ですが、ここでは『ホストファミリーの同年代の子ども』を指します。
スクールバディー制では、現地校に通う子ども宅にホームステイをし、バディーが一緒に通学します。
学校内では、バディーが学校生活のお手伝いをしてくれます。
バディーはお子様と同性となります。

バディーは、通常お子様と一緒に学校生活の時間を過ごしますが、バディーの授業内容や試験などの理由により、バディーとは別のクラスで授業を受けることもあります。

また、バディーはお子様と年齢や学年が異なる場合もあります。

【リセス(おやつ)&お弁当に関して】
ホストファミリーが準備いたします。

【制服に関して】
日本での制服・体操服などご持参ください。日本での制服がない場合には、学校に通学するのに相応しい服装をご用意ください。

【学校に関して】
日本での学年と現地校の学年が異なったり、クラスメイトの年齢が同い年、または1 ~ 3 歳ほど前後する場合もあります。
学校は、土・日、祝日、スクールホリデーがお休みです。また、日本語の授業を取り入れている中学・高校では、日本語の授業にご参加いただく場合がございます。

【通学手段に関して】
滞在先のホストファミリーにより異なりますが、バディと一緒に登下校します。公共交通機関を使用する場合、実費となります。

【持ち物リスト】
リュックサック、筆記用具、水筒、おべんとう、おやつ、つばのある帽子、電子辞書など。

【お見積もりについて】
こちらより、「パース現地校プログラム 見積り希望」を明記の上、お問い合わせください

【料金に含まれるもの】
・現地校⼊学⾦+授業料
・ホームステイ⼿配料+期間中の宿泊費
・ホームステイ期間中の全⾷費(平⽇・週末共1⽇3⾷ 平⽇の学校に持参するお弁当を含む)
・往復空港送迎(空港↔ホストファミリー宅)
・現地での24 時間⽇本語サポート
・現地スタッフまたはホストファミリーによる登校初⽇アシスト

【料金に含まれないもの】
● 渡航費用
● ビザ申請料
● 海外旅行保険料
● 現地校制服(日本の制服を着用ください)
● オプショナルツアー・イベント参加費用
● 各所での交通費

*ホームステイ数、現地校受け入れ人数に限りがありますので、定員になってしまった場合締め切ることがあります。

詳しくは、こちらよりお問い合わせください

Leave a Comment
//コメントフォームを読み込む

コメントする

コメント記入欄の上に表示するメッセージ

コメント記入欄の下に表示するメッセージ