ジェットスターの予約方法

オーストラリア留学に行かれる方でジェットスターを利用する方も多いかと思います。

そこで、ジェットスターの予約方法についてまとめてみました。情報は、2020年2月現在のものですので、最新のものは、ジェットスターホームページよりご確認ください

1.ジェットスターウェブサイトを開きます。

2.出発地、目的地を入力し、日程を入力してフライト検索をします

3.いくつかのフライトが表示されるので、その中からご希望のフライトをタップします。

復路のフライトもタップします

4.続ける をタップしてページをすすめます。

オプション選択のページに移ります。

LCCは、基本的に、食事、アメニティ、音楽・映画、預け荷物、席指定料金が含まれていません。

また、チケットの払い戻しも不可です。

 

『Starter』※追加料金なし

受託手荷物は有料で、座席指定料も有料。予約後の変更は有料で、払い戻しはできない

『ちゃっかりPlus』

国際線は20kgまでの受託手荷物が無料

スタンダードシートの座席指定も無料で、予約後の変更(日時、搭乗者名)が無料でできる。払い戻しはできない

 

『しっかりMax』

30kgまでの受託手荷物が無料

すべてのシートタイプの座席指定が無料で、払い戻しができる運賃タイプ。

 

チケット変更の可能性がある場合は、Starterではない方がよいかもしれないです。

 

5.Starterを選択した場合、次の画面で 受託手荷物の重さを選択

 

往路と復路でそれぞれ重さを選択できるので、

往路25キロ 復路30キロ(お土産で増える分)

などと選択できます。

注)空港で超過料金と払うと、とんでもなく高いことがありますので、多めに設定しておくことをお勧めします!

 

6.Starterの方が、座席指定をする場合は、700円かかります。ご家族でご利用だったりご友人との旅であっても、席が離れてしまうことがあるので、座席指定をおススメします。

 

 

7.Starterの方で食事も依頼する場合は、次の画面で設定します。

往路は、夜間のフライトなので食事がすんでから搭乗すれば食事はいらないですね。

復路は、昼間のフライトの場合、食べ物を持ちこむか、食事を付けるのが無難です。

 

8.エンターテイメントを付ける場合は、次の画面で選択します。

 

 

9.次に支払い画面にて手続きをして、予約完了です。

尚、クレジットカード払いの場合、支払い手数料が発生します。

 

参考になさってくださいね。

 

 

 

 

 

Leave a Comment
//コメントフォームを読み込む

コメントする

コメント記入欄の上に表示するメッセージ

コメント記入欄の下に表示するメッセージ