2022年夏休みに渡豪する方へ

 

 

2022年夏の渡豪は、コロナ前とは違う点がいくつかあるので注意が必要です。

日本からオーストラリアへ

ワクチン接種証明  

ワクチン接種をしている方は、英文のワクチン接種証明を持参してください。

オーストラリア到着後の迅速抗原検査

オーストラリアへの入国後、24時間以内に、オーストラリアが定めたメーカーの「迅速抗原検査キット(RAT)」で検査をします。詳しくはこちら

*2022年7月1日以降、南オーストラリア州を除くすべての州で、RAT検査は不要となります

DPDフォーム (Digital Passenger Declaration)

オーストラリアへの入国に際して、Digital Passenger Declaration(DPD) の提出が必要となります。

ご出発の7日前からフォームの入力が可能です

 

有効なビザ

短期(3か月未満)の方は、観光ビザ(ETA)

学校に通う方は、学生ビザ

が必要です

 

オーストラリアから日本へ

2022年6月1日以降の新型コロナウイルス感染症に関する日本の水際対策措置の見直しが行われ、オーストラリアからの帰国者・入国者については、ワクチン接種の有無に関わらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないことになりました。

オーストラリアからの入国は、「青」区分となります

陰性証明

現在、日本に帰国(入国)の際に、陰性証明の提出が必要です。

陰性証明は、出国前72時間以内に検査を受け、医療機関等により発行された陰性の検査証明書を入国時に、検疫所へ提示しなければなりません。

出発国において搭乗前に検査証明書を所持していない場合には、航空機への搭乗を拒否されます。

オーストラリア国内で、日本指定のフォームを発行できる医療機関は、こちら 

その他、日本への入国に関する条件は、こちらから検索できます

 

*陰性証明および検査には費用がかかります。$79~$130程度

ファーストトラック

日本への入国時、確認が多く通常よりも時間がかかります。検疫手続きの事前登録サービスのファーストトラックを利用することをおススメします。ファーストトラックについては、こちら

MY SOSアプリから日本入国前に検疫手続きの一部を行うことが可能です。

こちらから、アプリをインストールし、アプリの指示に従って、質問票・誓約書・ワクチン接種証明書(「有・無」を選択)・出国前72時間以内の検査証明書を登録してください

よくある質問

迅速抗原検査で陽性になったら? 新型コロナに感染してしまったら?⇒ 

検査結果が陰性の場合、結果を提出する必要はありません。検査結果が陽性であった場合は、それぞれの州のHealth Departmentのホームページにて登録をします。

NSW州

VIC州 

QLD州

WA州

報告後は、すみやかに自己隔離をします。ホームステイの方はホストファミリーにも連絡をします。また学校のスタッフにも連絡をしてください。7日間の自己隔離の終了後は外出することができます。再検査の必要はありません。

万が一、日本に帰国する前にコロナに感染してしまった場合、陰性証明がなければ飛行機に乗れませんのでご予定の帰国便に乗れない可能性があります。

搭乗便の変更や、ステイの延長の必要がある旨、ご了承ください。

くれぐれも、ご出発前と滞在期間中はコロナに感染しないよう注意を払って行動をしてください。

Leave a Comment
//コメントフォームを読み込む