【コロナ関連】オーストラリア国境が開くのはいつ?オーストラリアに入国するための準備~ワクチン接種証明~

オーストラリアの国境オープンに向けての計画は、先日ブログにてお伝えしました。(まだ読んでいない方は こちらからどうぞ) 

少しずつオーストラリア国内のワクチン接種率も上がってきて、一部の情報では、70%に届くのは、10月とか11月とか・・・年内には80%に届くのでは?という声も聞こえるようになってきました。

また、カンタス航空も、ワクチン接種率が80%に届く時期を12月頃と想定し、2021年12月中旬よりワクチン接種者の新型コロナウイルスのリスクが低いと分類され、隔離なく訪問および帰国できる可能性が高い国々(シンガポール、アメリカ、日本、英国、カナダ、フィジー)へのフライトを再開する予定です、との発表をしました。

 

具体的に、どのビザの方が対象になるのかなどは、政府の発表を待たなくてはいけませんが、学生ビザの方々の優先順位は高いので、いつGOサインが出ても動けるように準備を始める時期となってきたかもしれません。

 

準備①

ワクチン接種

オーストラリアの国境が開き入国ができるようになったり国際線が再開される際、政府や航空会社は乗客に新型コロナウイルスのワクチン接種の証明を求める施策を導入する可能性があります。

カンタス航空のプレスリリースにも記載がありました。

While the Australian Government strongly supports immunisation and will run a strong campaign to encourage vaccination, it is not mandatory and individuals may choose not to vaccinate. There may however, be circumstances where the Australian Government and other governments may introduce border entry or re-entry requirements that are conditional on proof of vaccination.

2021年9月3日現在、外務省の海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧

のリストには「オーストラリア」が含まれていませんので、接種証明書の発行手続きを市区町村の窓口で行うことはできませんが、準備をしておきましょう。

ワクチン接種証明書の発行手続きは、お住まいの市区町村が対応してくれます。詳しくは、こちら ←

 

準備②

学生ビザ申請

まだ学生ビザの申請をしていない方は、申請準備をしましょう。

シックエジュケーションまでご連絡ください

 

感染状況や世界情勢などにより、状況は変わりやすく変更点も多く出てくる可能性がありますが、少しずつ準備を進めていきましょう!

 

 

 

Leave a Comment
//コメントフォームを読み込む